ボイスレコーダーをメモ帳代わりに活用する

| コメント(0) | トラックバック(0)

仕事やプライベートでも、ちょっとしたことをメモするとい
う機会は少なくありません。そのようなときには、ポケット
にメモ帳を忍ばせておくのが一般的かもしれませんが、ボイ
スレコーダーを活用するのも便利です。一般的に、文字など
を書くよりも、言葉で話した方が早いですし、感覚的な表現
も、文字にするよりも言葉にした方が適していることもある
からです。また、片手で操作できるボイスレコーダーの場合
には、荷物を持ちながら、あるいはもう一方の手で何か作業
をしながらでも記録をすることができます。もちろん、おし
ゃべり禁止の場所などではこのような記録方法は適していま
せんが、それ以外では便利に使えると考えられます。実際に
販売されているボイスレコーダーにはいろいろなものがあり
ますが、出先での記録用ということを考えると、まずは大き
さについて、ポケットに入れて、楽に出し入れできることが
重要です。軽さや出し入れのしやすさで考えると、でいるだ
け小さい方が好ましいともいえますが、あまり小さいと、記
録する際に片手で持って固定するのが不安定になりがちです
。そこで、ちょうど片手で握れるくらいの大きさが適切だと
考えられます。また、操作性については、記録に重点を置い
て考えると、それ以外の機能については割愛してもかまいま
せん。機能を制限することで、誤操作の危険を低くすること
が出来ます。出先で記録をとる際には、対象を見ながら、ボ
イスレコーダー自体は見ないで操作することも考えられます
。そのようなときには、機能が少ない方が間違いが少ないか
らです。また、このような操作の必要性から、操作に必要な
ボタンなどが、手探りでも十分認識可能であることが大切で
す。以上のような点については、仕様や口コミを参照するこ
とで大体のイメージをつけることは出来ますが、最終的には
実際に持って確かめることが大切です。同じ大きさなどでも
、使用する際の感触などは人それぞれ異なるものだからです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.stujessica.net/mt/mt-tb.cgi/373

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2018年4月 4日 13:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「身軽に!タープで行く旅キャンプ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。